ポイント解説病気と症状

point-1手足口病って何?

手足口病って聞いた事、ありますか? 私も子供を産むまでは聞いたことがありませんでした。 出産を経験して初めて耳にしたお母さんも多いと思いますが、その手足口病について少しお話しておき...

point-2熱中症の対処法

赤ちゃんは、体温調節をすることが上手く出来ません。 特に夏などの「暑さ」の影響を受けやすく、激しい運動で沢山の汗をかいた時も注意が必要です。 天気の良い日はお散歩や公園に遊びに行く...

point-3赤ちゃんの始めての発熱

もともと赤ちゃんは体温が高いです。 新生児の平熱は大体36.5~37.5度と言われています。 特に新生児は自分で体温調節が出来ないので、冷えすぎや着せすぎには注意しなくてはいけませ...

point-4予防接種を受ける時の注意点

赤ちゃんの予防接種、案外多い事に驚いたお母さんも多いかもしれません。 ウッカリしていると予防接種を受けなくてはいけない期間を過ぎてしまうので、計画的に予防注射を受けるようにしましょ...

point-5赤ちゃんが下痢をしてしまったら

赤ちゃんのウンチは元々緩く、下痢と間違える事があるかもしれません。 毎日のお世話でちゃんと観察してあげれば、ウンチの変化にもすぐ気がつきますよ。 もしもウンチが白っぽい、血が混じっ...

point-6突然のひきつけ、どうやって対処したらいいの?

赤ちゃんのひきつけ、痙攣の事ですが、始めてひきつけを起こすとお母さんは大慌て。 「何!?どうしたの!?」と不安になる事も多いでしょう。 ですが、まずはお母さんが冷静になって、赤ちゃ...

point-7プール熱ってプールに入ると熱が出る事を言うの?

プール熱って聞いた事ありますか? 正式名は「咽頭結膜炎」と言いますが、夏~秋ごろにかけて流行ります。 最近では冬頃にも見られるようですが、夏にかかりやすく、移りやすい病気を覚えてお...

point-8水いぼって取った方がいいの?取らない方がいいの?

水いぼ(伝染性軟属腫)は、感染力がとても強く、他の人に移る病気です。 集団感染する可能性もあるので、注意が必要です。 プール熱と同じように、夏ごろかかりやすいのですが、皮膚の弱い赤...

point-9ほっぺが腫れたらおたふくかぜかも

ほっぺ...耳の下から顎のラインにかけて腫れが現れたら、「おたふくかぜ」もしれません。 稀に38~39度の熱が出る事もありますが、おたふくかぜはそれほど重い病気じゃありません。 た...

point-10水疱瘡の予防接種、受ける?受けない?

子供の予防接種、案外多いですよね。 私も長男の時、あまりの予防接種の多さに計画を上手く立てられず、大変な思いをしました。 予防接種の中には「任意」のものもあり、ご両親の考え方で受け...

point-11他の赤ちゃんにうつる病気にかかってしまったら

もしも赤ちゃんが、他の赤ちゃんにうつる病気にかかってしまったら、どうやって過ごしたらいいのでしょうか? まず、出来るだけ他の赤ちゃんにうつらないように過ごす事が大切です。 保育園や...

point-12ウイルス性胃腸炎に感染してしまったら

ウイルス性胃腸炎の中でも、「ロタウイルス」「ノロウイルス」が有名ですよね。 特に秋~冬にかけて流行し易いので、その時期には注意が必要で、感染すると嘔吐や下痢の症状が出ます。 ロタウ...

point-13インフルエンザの予防接種は家族全員で受けよう

秋~冬にかけて流行る病気と言えば「インフルエンザ」が代表的ですよね。 ニュースで大流行と言われる度にワクチンが不足し、症状が悪化してしまうと重症化してしまう怖い病気です。 ただし、...

point-14ゴホゴホと重い咳は風邪?気管支炎?

タンが絡んだようなゴホゴホと重たい咳をしている場合、気管支炎の可能性があります。 ただの風邪の場合もありますが、気管支炎は2歳未満の赤ちゃんが感染しやすいので注意が必要です。 もし...

point-15遅起遅寝の赤ちゃんは注意して!!

お父さん、お母さんの生活リズムに合わせるかのように、中には遅起遅寝赤ちゃんがいるそうです。 「朝良く寝てくれるから助かるのよね」何て思うお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、ちょ...

TOPPAGE  TOP